マニフレックスについて

おすすめ調査結果

受賞一覧イタリア製の高反発マットレス。世界46ヵ国で愛用されています。
日本で知られるようになったのは、イタリアに遠征したスポーツ選手が向こうで使ってみて気に入り、スポーツ選手の間で評判になったところからではないかと思います。

実際にスポーツ選手、特にサッカー選手に人気のようです。

高反発マットレスの多くがデメリットとしてもっている通気性の悪さと温度変化による硬さの変化を、独自の高反発フォーム「エリオセル」の活用により解消。硬さと通気性の両立を実現しました。

ただ、個人的には、日本人にとっては人を選びそうなマットレスだなと感じました。


元々イタリアのものなので欧米人向けの硬さになっていますし、日本人で愛用しているスポーツ選手も一般の日本人に比べて体格が大きい人たちです。

体格の大きい方や、高反発マットレスの中でも硬めのマットレスが好みの方にはオススメです。

特徴:エリオセル

低反発・高反発マットレスの素材として一般的に活用されているウレタン形の素材は、通気性が悪く、温度変化に弱い(温度が低いと硬くなってしまいます)という特性があります。しかし、マニフレックスに使用されている高反発フォーム「エリオセル」は、独特のオープンセル分子構造で、空気を吸収・放出することができます。ウレタン系素材のマットレスのデメリットである通気性の悪さと温度変化による硬さの変化を解消しました。

とはいえ、これはあくまでもウレタン系素材の中での比較なので、スプリング式のマットレスと比較するとやはり通気性は落ちます。

特徴:高反発マットレスの中でも硬め

高反発マットレスの中でも硬めです。スポーツ選手や体格の大きい方にとっては、体圧分散に優れていてよいでしょう。体重の軽い方にとっては硬すぎて逆に圧力が集中してしまいます。気に入る人は本当にはまる硬さです。

クチコミ

良い点
  • 最初は硬すぎる気もしましたが、3週間使用し続けて体が楽になった気がします。背中全体をバランスよく支えてくれている感じがします。気に入りました。
  • 使い始めて半年たちましたが、寝起きの腰の痛みを感じなくなりました。寝心地も最高です。今までのマットレスは季節が変わると寝心地が著しく変化するものでしたがこれは 変わることなく常に快適に眠ることが出来ます。
中立コメント
  • これといって大きな不満はありませんが、可もなく不可もなくといった感じです。
悪い点
  • 敷布団というより床に寝ているような感覚の固さが私には合わなかったです。
  • 例えるなら、痩せ型の薄い人?みたいな、これ買うならせんべい布団でも変わらないでしょという感想ですね。しかも陰干しなどを細めに行う必要があるのでそれが大変。
「マットレスの比較」総合おすすめランキング トップ3位
ページトップへ