腰痛と睡眠の関係性

腰痛の原因

腰痛の種類は様々ありますが、病院での治療や手術が必要なものを除き、生活の中で改善できる場合も多くあります。

腰痛の多くは、神経や血管の圧迫によるものです。筋肉が緊張することによって神経や血管が圧迫されます。
神経や血管の圧迫が原因の腰痛には、筋肉をほぐしてあげることが大事です。

腰痛と睡眠の関係

腰痛の原因の多くは神経や血管の圧迫によるものだとお伝えしました。

長時間同じ姿勢を続けたり、腰に負担がかかる姿勢を続けたりしていると筋肉が緊張して腰痛を引き起こします。長時間同じ姿勢を続けたり、腰に負担がかかる姿勢を続けたりする場面とは、デスクワークや立ち仕事など様々なシチュエーションが考えられますが、1日の3分の1程度を占める睡眠も当然大きな要因として考えられます。

睡眠中に同じ姿勢を続けることが腰痛に対してよくないということは想像できますよね。寝返りは多すぎるとよくありませんが、少なすぎても腰痛に悪影響です。マットレスによっては適度な寝返りができず、腰痛を引き起こしたり悪化させたりしてしまうこともあります。

また、睡眠中の姿勢も重要です。睡眠中にかかる腰への負担が、日中もずっと続く腰痛を引き起こしているということもよくあります。

柔らかく反発の弱いマットレスを使用していると、腰が沈み込んで腰に負担が集中してしまう上に寝返りの回数が極端に減ってしまうなんてことになり、腰痛には最悪です。寝心地がいいので腰にもいい気がしてきてしまいますが。。。

腰痛持ちのマットレス選び

腰痛にいいマットレスを選ぶときに大事なポイントは以下の3つ!

  • ① 適度な寝返りが打てる
  • ② 腰に負担がかからない
  • ③ 体圧分散ができる

①と②は先にも少しお伝えしましたね。 適度な寝返りが打てないと血流が滞り、同じ箇所即ち腰の神経や血管が圧迫されて腰痛が引き起こされます。また、寝ているときに同じ箇所即ち腰に圧力が集中してしまうと負担となってしまいます。

低反発のマットレスの場合、体全体が沈んで寝返りがうちにくくなると同時に、重さのある腰は特に深く沈みこんで圧力が集中してしまいます。逆に硬すぎるマットレスだと、これも体の突出している部分や重さのある部分に集中して圧力がかかってしまいます。

寝返りは多くなりますが、多くなりすぎて疲れがとれないという事態にもなりかねません。

③の「体圧分散ができる」は、②と少し被りますが、体の一部分(ここでは即ち腰)に圧力が集中せず、体全体に圧力が分散されている状態をいいます。柔らかすぎても硬すぎても圧力は一部分に集中してしまいます。

結局、腰痛持ちのためのマットレスってなに??

柔らかすぎず硬すぎない、その両極の間に位置する、程よい反発力で体圧分散のできるマットレス、それが高反発マットレスです。腰痛対策には断然高反発マットレスをオススメします。

ページトップへ