マットレス選びの重要ポイント

構造、素材、特徴から価格に至るまで多種多様に存在するマットレスの中から、どうやってマットレスを選べばよいのか??迷いに迷っている方もたくさんおられることでしょう。

1日の中で多くの時間を過ごすマットレス。失敗のないマットレス選びができるように、ここではマットレス選びの観点として必須の条件をご紹介します。

① 体圧分散性

体圧分散とは

体圧分散とは、体の一部分に圧力が集中することなく、体全体に均等に圧力が分散される状態。体の一部分に圧力が集中すると、その部分に負担がかかってしまい腰痛や肩こり、寝起きの痺れなどの原因となります。

横になった瞬間の寝心地が最高だと感じても、長中期的にみれば実は体に大きな負担をかけてしまうようなマットレスも多く存在します。

また、腰痛や肩こりを発症していなくても、知らず知らずのうちに疲れが蓄積している、休んでもなかなか疲れがとれない、といった事態を引き起こしてしまうことも多いです。

体圧分散に優れたマットレスとは?

体圧分散に優れたマットレスとは、硬すぎず柔らかすぎず、程よい反発性のあるマットレスです。

硬すぎるマットレスでは体の圧力が分散されないことは容易に想像がつきますよね。腰や肩など、体の中で突出した部分に集中的に体重がかかって痛くなってしまいます。

では、柔らかすぎるマットレスだとどうでしょうか。一見均等に圧力が分散されるようにも思えますが、柔らかいがために腰などの重い部分が沈みこみ、そこに圧力が集中してしまいます。これもいけませんね。

また、体重が重いと沈みこみは大きくなりますし、軽いと小さくなります。 自分の体格に合わせた硬さのマットレスを選びましょう。

マットレスそのものの硬さだけでなく、構造や素材によって体圧分散性を高めているものもあります。スプリング式のマットレスは構造上圧力が分散されるようになっていますし、ノンスプリング式でも特に網目状繊維構造の高反発マットレスは体圧分散性に非常に優れています。

② 寝返り

寝返りって重要?

寝ているときのことなので寝返りの回数は自分では分からないと思います。でも、寝ても疲れがとれない、溜まりやすいという方は寝返りの回数が多すぎる可能性があります。

逆に寝返りの回数が少なすぎても、長時間同じ部位に負担がかかりすぎてしまうことになり痛みや痺れを引き起こす場合があります。適度な寝返りは快眠の為には非常に重要です。

でも寝ている間の寝返りの回数なんて自分ではコントロールできないですよね?だからこそ、自然に適度な寝返りが打てるマットレス選びが大事なのです。

適度な寝返りが打てるマットレスとは?

寝返りの回数が多くなってしまうのはどんなときでしょうか。床に寝た場合を想像してください。痛くて何度も寝返りを打つのではないでしょうか。

では、適度な寝返りも打てないときとはどんなときでしょう。マットレスが柔らかすぎると、体が深く沈みこんで寝返りに必要なエネルギーが大きくなってしまいます。そうすると睡眠中に自然な寝返りを打つことが難しくなってしまいます。

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この辺りは①体圧分散性とも関連しています。硬すぎず、柔らかすぎない、自分の体格に合ったマットレスを選びましょう。

③ 通気性

カビ天国日本

ご存知の通り、日本は多湿です。通気性の悪い場所はカビにとっては天国です。通気性の悪いマットレスを選んでしまうと、すぐにカビが発生してしまったということにもなりかねません。カビが生えたり湿っている状態のマットレスを使い続けると、快眠を妨げ場合によっては健康に支障をきたします。

乾燥している欧州などでは使いやすいマットレスでも日本の環境に合わないこともあります。湿度の高い日本では、通気性の高いマットレスを選ぶことが大事です。

通気性に優れたマットレスとは?

スプリング式のマットレスは、構造上通気性に優れているといえます。

ノンスプリング式のマットレスは、構造や素材によって大きく異なる為一概には言えませんが、ウレタン系の素材は湿気を溜め込む特性があるので通気性には劣ります。

ウレタン系の素材をメインに作られているマットレスは通気性という観点からはおすすめできません。

使用環境やお手入れも考えて

通気性という観点からみれば、床や畳に敷いて使うよりもベッドに敷いて使用した方がいいですし、通気性がよいマットレスを選んだ方がいいのはいうまでもありません。

それでも、やむを得ず床や畳に直接敷いて使用する場合もあるでしょう。床や畳に直接敷く場合は、ベッドに敷く場合よりも通気性が悪くなります。通気性がよいマットレスを選ぶのも大事ですが、定期的に空気を通して湿気を逃がすことができるかという点も重要です。重すぎて干せずに敷きっぱなしになるくらいなら、少しだけ通気性は落ちても毎日動かして空気を通せるマットレスを選んだ方がいいでしょう。

もちろん、ベッドに敷く場合でも、定期的に空気を通して湿気を逃すことは大事です。

ページトップへ